時間 概要 目的 ハードさ ケーデンス その他
51min

Type: スピード

ウオームアップの後30秒のスプリント2本に続き

 4分間の高強度インターバルを5本。間には3分と長めのリカバリーが設けられている

短い距離でのスピードとパワーの向上が期待できる。逃げ力、アタックを決める力がつけられる。

インターバルのハイ側のサファーレベルは8中心と高いが4分と短めでロー側も3分と十分なリカバリー時間があるので何とかこなせるはず

 

最大   110rpm

FTP150以下の方はリカバリーでのケーデンスは下げる。インターバル2つ目の途中でケーデンスが110でサファーレベル8.25があるがFTP 120-130 以下の方はここだけ少しケーデンスを下げて頂ければ参加可能

最小   60rpm

インターバル2で40秒だけ60rpm, level 9があるがそれを除けば高いFTPの方でも十分参加可能

 

推奨プロファイル:FTP150以上の方は青以外エアレジがA10より小さいもの(より青が少ない)

推奨FTPレンジ:120~310

 

インターバル1:パリ‐ニースで単独の逃げを決める

インターバル2:フレッシュ-ワロンヌ(今年は4月19日開催J-SPORTSでライブ放送あり)でスモールグループによる逃げを決める

インターバル3:リエージ-バストーニュ-リエージ(同じく4月23日開催、放送予定あり)でジルベルト、シュレック兄弟とともに登りアタックを決める

インターバル4:パリ-ルーベ(4月9日開催。今年は終了)でカンチェラーラとハイスピードかつパワフルに石畳区間を走る

インターバル5:クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ(同じく6月4日から11日に開催、放送予定あり)でサー・ウィギンスとヒルクライム!

Cad-Suffer level Matrix

  50 60 70 80 90 100 110 120 +
2         x        
3         xxxx        
4                  
5         xx        
6     xx   xx xx      
7         x        
8     xx xxxxx xxxxxxxx xx x    
9   x       xxxxxxx      
10             xxxx    
max